パズドラ社長・森下一喜の名語録・名言集

森下一喜(Morishita Kazuki)

森下一喜さんはガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長。森下さんの言葉、名言を厳選しました。

森下一喜の名言集

うちにヒットを生み出すコツなんてものはないですよ。

ヒットの法則があるなら、お金を払うので、むしろ教えてもらいたいくらいです。

強いて言えば、失敗をたくさんしてカンを磨くしかないですね。

一番嬉しいのは、「あのゲーム、面白かった」と言っていただいたとき。

逆に、売上や時価総額のことを褒められても、なんとも思いません。

ゲーム産業における本質を見つめ直してみると、やはり私たちは徹底して面白いゲームを作ってユーザーを驚かせることしかない。

これがない限りは、いくら業績が良くても私たちにとっては無意味なのです。

結局、面白くないゲームは、いくら売り方を工夫したところで、絶対に売れないし、利益も出ない。

それを考えたら、自分たちが行くべき道は、面白いゲームを作ることだけに集中することしかないんですね。

自分の力を過信すると、ろくなことはありません。

新たな情報を得ようとしなくなるし、アンテナをどんどん自分で閉じてしまう。

ゲーム開発の途中でトラブルが発生していても、ゲームを面白くするためのことなら何も問題ない。

「ドラマが起きたね~」と楽しんでいるぐらいです。

「パズドラ」の前にも、結構面白いゲームは出していたのですが、売れなかった。

その差は何かといえば、「運」の部分が大きいのではないかと思うんですよ。

そう考えれば、ヒット作が出たからといって、驕りたかぶることはできない。

「いまあるものでどうやったら楽しくできるか」を考えられる人が、実は発想が豊かで、幸福な人なのだと思います。

驕りたかぶっている人間には、誰もついてこなくなります。

こうなると、絶対に、次が続かなくなります。そんな状況にならないよう、つねに自分を戒めています。

年間計画に沿って、そこそこの面白さのゲームを一定量出せば利益が出るかというと、そんなことはない。

パズドラを開発したとき「普段ゲームをしない方でも気軽に挑戦できるし、いろいろなゲームをやっている人でも楽しめる」そんなゲームバランスを取ることに苦心しました。

半年間、何度も作り直しをして、スタッフには苦労をかけましたが、その甲斐がありましたね。

今はスマホに乗り換えたばかりのユーザーも多いので、伸びていくでしょう。

ですが、ひとつ言えるのは、このままだとそのうち飽きられるということです。

パズドラ(パズル&ドラゴンズ)のタイトルにドラゴンを入れたのは、

「ドラゴンボール」や「ドラゴンクエスト」という人気漫画やゲームのイメージを持たれやすいと考えたからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪