富士フイルム・古森重隆の魂に響く名語録・名言集

古森重隆(こもり・しげたか)氏

社長として多角化へ舵を切ったとき、命を懸けていました。

寝ても覚めても会社のことばかり考えて、この危機を乗り越えられなければ死ぬぐらいの覚悟というか責任感はありました。

世の中は、いい意味でも悪い意味でも、みな戦いである。

競争相手との戦いから自分の弱さとの戦い、眼前に立ちはだかる壁との戦い、因習との戦いまで、ちょっとやそっとの努力では乗り越えることができないものばかりだ。

人材育成はスパルタかな。やはりビシバシ鍛えないとダメです。

気をつけるのは、決して突き放さないことです。「お前に期待している。だから頑張れよ」という気持ちをこっちが持っていれば、相手は応えてくれます。

人間は神ではないけれど、経営者になった時、神でありたいと思った。神のように間違えないでものごとが判断できれば、どんなに楽だろうと。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)