【幕末の革命児】高杉晋作の心に染みる名言・語録集

高杉晋作(たかすぎ しんさく)

奇兵隊を率い、幕末期長州藩を倒幕の方向に決定付けた革命児・高杉晋作

長州が倒幕に傾いたことにより、歴史が大きく動き出した。

高杉晋作の名言

 

人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。

しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない。

 

真の楽しみは苦しみの中にこそある。

 

男児が事を成すには時があるのだ。たとえ市井の侠客と呼ばれても、胸にある一片の素の心は全く変わっていない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪