【全文版】ドラマ『下町ロケット』(第2話)の名語録・名言集

ドラマ『下町ロケット』

憎きナカシマ工業を倒せ! ついに法廷対決クライマックス!!

大ピンチの佃製作所 大逆転なるか!? その時、帝国重工は…!?

下町ロケット 名言 ドラマ

2015.10.25 第2話

下町ロケット 名言 池井戸潤 訴訟を仕掛けたナカシマ工業・三田:

あれは佃製作所側が我が社の苦労の末に開発した技術を盗んだものです。実に許しがたい行為だ。

しかもその上、こちらが特許侵害してるのだと言い掛りをつけて訴えてくるあたり、自分たちが生き延びるためには手段を選ばない中小企業の典型的なやり方だ。

我々大手企業から利益を吸い取ろうとする…まるで寄生虫だッ。


下町ロケット 池井戸潤 名言 主人公で佃製作所社長・佃航平:

あんたみたいな偉そうな弁護士はどうか知らない。

技術者は自分の無力さを知ってるよッ!! 毎日壁にぶつかってばかりだ、だからこそ毎日必死に腕を磨いて、徹夜で開発に没頭している。次こそはって信じてるッ!


下町ロケット 名言 ドラマ 帝国重工 宇宙航空部部長・財前道生:

三田と会ってよく分かった。ナカシマにある価値観は「金になるかならないか」…それだけだ。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪