【全文版】『天皇の料理番』(第8話) の名台詞・名言集

日曜劇場『天皇の料理番』

佐藤健がTBS開局60周年特別企画の連続ドラマで、料理人役に初挑戦する。

大正~昭和期に宮内省(宮内庁)の大膳課主廚長を務めた秋山徳蔵氏がモデル。

〔豪華キャスト陣〕

秋山 篤蔵(佐藤健) 高浜 俊子(黒木華) 宇佐美 鎌市(小林薫) 松井 新太郎(桐谷健太) 山上 辰吉(柄本佑) 秋山 周太郎(鈴木亮平) 桐塚 尚吾(武田鉄矢)
 

2015年6月14日放送 第8話

篤蔵は、フランス料理の最高峰オテル・リッツで、神様エスコフィエの元で修行していた。

ある日、粟野は篤蔵を大使館に呼び出し『天皇陛下の料理番』の要請が来ていることを告げる。

大日本帝国一のシェフになる」という兄・周太郎との約束を想いながら葛藤する。

第8話に登場した名台詞・名言集

ナレーション:

パリに渡ってから3年。

篤蔵さんは、メキメキと料理の腕を上げ、フランス料理界の最高峰、ホテルリッツに転職。

フランス料理界の革命児と言われたムッシュ・エスコフィエの元で働き、

給料もその年齢の男子としては破格のものになっており、一流店と呼ばれる店にも、たまには足を運べるようになっておりました。

 

主人公・秋山篤蔵:

ムッシュ・エスコフィエは面白いことにこだわるんや。

客を驚かせたいって気持ちがとにかく強くて、歌手のメルバに『ピーチ・メルバ』なんてデザートを作って出したり。

 

日本大使館大使・栗野慎一郎:

料理人は、料理が出来ればよろしんじゃないでしょうか。

 

歌手志望の少女・フランソワーズ:

何があっても、失敗したって、私には篤蔵がいるって思ったら、ホッとして、声がポーンって飛ぶんです…

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪