【全文版】「あさが来た」(第9週)の名セリフ・名言集

NHK連続テレビ小説「あさが来た」

第9週『炭坑の光』(11月23日~11月28日)

あさが来た 9週 ドラマ

あさは、炭鉱夫たちが将来に希望を持って働ける環境づくりに心を砕いていた。

それに強く反発するサトシは、何故か加野屋と新次郎のことをよく知り、あさを不思議がらせる。

「あさが来た」(第9週)の名言集

あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

小さい頃は、勇ましいやら男らしいやら、言われても気になったことはなかったのに、

大人になると…なんや感じが違ってきますな。

五代友厚 名言 あさが来た 近代大阪経済の父・五代友厚:

それは、この国の女と男の見方が、そういうふうに出来てしまっているから。

もっと大きな目で見たら、男も女も、そう大した違いはないいうのに…


あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

なんぼ働いても、給金のほとんどが、お酒や道具に消えてしまうようでは、工夫さんたちの暮らしは、いつまでたっても楽にならへん。

夢も希望もあらしまへん。

あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

夢…


あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

うちは現場の皆さんに、働いたらその分、ええ暮らしが出来るいう希望を持ってもらいたいんだす。

あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

希望…


あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

奥さんがさっき言ってた「夢」ちゅうのは、将来を考える余裕のある人が持つものですと…

ここにおる者は、そんなのよう持ちません。


あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

炭鉱は、いつでも危険と隣り合わせっちゃ。

男の人たちも自然と気も荒くなって、いつでも死んでいいように、太く短く生きてるいう気持ちになりますと。

お酒を呑んで、その日が暮らせればいいと思ってる工夫たちも多かと。


あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

夢やら…希望やらいう言葉は、正直うち達にとっては眩しすぎて、考えもつかんとです。


眉山惣兵衛 あさが来た はつの旦那・眉山惣兵衛:

もう世の移り変わりに振り回されることもあらへんのや…

みんなで地に足付けて、もっぺん働こう。

眉山栄達 あさが来た ドラマ 惣兵衛の父・眉山栄達:

今の私らにとって、土地が持てるなんて、ほんまありがたい話やで。

いま今井屋さんには頭が上がりまへん。


あさが来た ドラマ 名言 惣兵衛の母・眉山菊:

私は、大阪一の山王寺屋の内儀どす。

和歌山なんかに金輪際行かしませんっ。


あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

親分さんも、改革はせんほうがええ思いますか?

治郎作 あさが来た 炭鉱 炭鉱の親分・治郎作:

いつかはせんといかんのかもしれん。

けんど、それが今かどうかは…わからん。

あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

うちは、今や思うんですけど…


あさが来た ドラマ サトシ 炭鉱夫をまとめる納屋頭・サトシ:

「みんな平等」なんて上手いこと言って、この世に平等なんてあるか!

その証拠に、掘ってるのは俺らいうのに、立場が強いのは銭もっとる、あんたら加野屋さんたい。

世の中、銭もっとる奴が強いたい!

みんな、騙されたらつまらんぞ。


あさが来た ドラマ サトシ 炭鉱夫をまとめる納屋頭・サトシ:

こいつら、俺たち弱い者を死ぬまで働かせて、ぼろ儲けしようとしてるたい!

あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

そんな…うちは、皆さんのためにって。

あさが来た ドラマ サトシ 炭鉱夫をまとめる納屋頭・サトシ:

何が平等か!!

お前たち、金持ちの理屈を、勝手にこの山に持ち込まれてたまるか!


あさが来た 名言 あさ 主人公・今井あさ:

なんでだす…今のままで、ほんまにええのですか!?

なんで勇気出して、今を変えようとしないんだす!?

うちは…うちは、みんなにその日暮やのうて、夢持って働いてもらいたい!


あさが来た ドラマ サトシ 炭鉱夫をまとめる納屋頭・サトシ:

夢なんていらん! そんな金持ちの理論ちゃ。


白岡よの 名言 あさが来た 新次郎の母・白岡よの:

あささんが悪い子やないことは、ようわかってるんだす。

新次郎のためや言ってるのに…

あさが来た ドラマ 名言 惣兵衛の母・眉山菊:

私かて、惣兵衛が一家のため考えてるんは、ようわかってるんだす。

せやけどなぁ、はぁ~子供なんか、私らどんだけ悩んでるのか一個もわかってくれてまへん。

白岡よの 名言 あさが来た 新次郎の母・白岡よの:

お互い苦労しますな。


治郎作 あさが来た 炭鉱 炭鉱の親分・治郎作:

わがままいうのは、自分のやりたいよう、勝手気ままに動くこっちゃ。

あんたはどっちか言うたら、逆たい。

自分の事はほったらかして、もっと自分を大事にせい、馬鹿。


あさが来た ドラマ 炭鉱 治郎作の妻・カズ:

弱ってる女子に、声もかけられない男は、腑抜けですたい!


治郎作 あさが来た 炭鉱 炭鉱の親分・治郎作:

おぅ…おぅ…おうきに。

あんたに元気がないと、俺たちも元気が出ない。


治郎作 あさが来た 炭鉱 炭鉱の親分・治郎作:

あんたに負けんよう、男も女も一生懸命働いてる。

今までいろんな飯場にいたけど、こなげなことは初めてじゃ。

働くのが好きじゃなかった連中まで、だんだんよう働くようになってるし…

みんなが毎日、楽しそうに石場掘って、これはあんたのおかげたい。


五代友厚 名言 あさが来た 近代大阪経済の父・五代友厚:

ペンギンは鳥やけど、空は飛べない。そやけど、大きな海を素早く泳ぐことが出来る。

海の中は危険がいっぱいや。どんな危機は待ってるかわからん。

そんな時に、海の中に一番先に飛び込む勇気あるペンギンのことを「ファースト・ペンギン」と言うんです。


五代友厚 名言 あさが来た 近代大阪経済の父・五代友厚:

最初にチャレンジする者には、必ずリスクがある。

鱶に食われて、先に死ぬことだってある。

せやけど、誰かがそれをせんかったら、ペンギンたちは永遠に食べ物を見つけることが出来ず、前にも進めれない。


五代友厚 名言 あさが来た 近代大阪経済の父・五代友厚:

私は、ほんまは加野屋は先に潰れると思ってました。

せやけど、加野屋にはあなたという「ファースト・ペンギン」がいてた。

恐れを見せず、前を歩む者が。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪