ドラマ『わたしを離さないで』の名セリフ・名言集

衝撃ドラマ『わたしを離さないで』

英国で100万部を超える大ヒットとなった「わたしを離さないで」を世界初ドラマ化!

“特別な使命”を抱え生きる男女を演じるのは、綾瀬はるか × 三浦春馬 × 水川あさみ!! 豪華キャストが贈る2016年の意欲作!!

名言集 目次

第1話:ドラマ史上最も哀しい運命

第2話:因縁の再開

第3話:初恋の行方は…

第1話の名言集

わたしを離さないで ドラマ 名言 1話

神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

“義務”を遂行しない限り、“特権”というものは与えられません。


保科恭子 わたしを離さないで ドラマ ナレーション:

私たちが、本当は何者なのかということも…

だけど、何も知らないからこそ、高い塀を高いとも思わなかったから…幸せにいられたのだ。


堀江龍子 わたしを離さないで ドラマ 赴任してきた先生・堀江龍子:

世の中は、世界は、君が思うよりもっともっと広いんだよ!

君たちは、本当のことを教えられていない…


神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

芸術は、作った人間の魂を映し、さらけ出します。

人として生まれたならば、魂を表現することは喜びでもあります。

それはあの子達に生涯を通じて、安らぎを与え、自分と向き合うことを教えてくれると思います。

それがあの子達にとって、一番必要なことだと思うんです。


堀江龍子 わたしを離さないで ドラマ 赴任してきた先生・堀江龍子:

子供たちを囲い込んで、社会のこともまともに教えない。

噂をでっち上げ、外の世界に脅えさせ、教えるのは過剰な綺麗ごと…偏った価値観。

これじゃ教育じゃなくて洗脳じゃないですか!?


神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

あの子たちは普通の子供ではありません。…特別な使命があります。

その使命を遂行するためには、必要な知識と望まれる人格というものがあります。


神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

あなた達は、普通の人間ではありません。

(中略) 外の人間は目的もなく、ただ生まれてくるだけですが、

あなた達には生まれながらにして果たさなければならない“ある使命”を負っています。

それは…“提供という使命”です。


神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

あなた達は、病気になったり、怪我をした人の為に、自らの体の一部を提供する。

そういう使命の元に作りだされた“特別な存在”

言ってみれば、“天使”なのです。


神川恵美子 陽光学苑 校長 ドラマ 陽光学苑校長・神川恵美子:

あなた達は、この世に幸せをもたらす為に生まれた、選ばれた特別な人間なのです。

ですから、ここで大切に大切に育てられているんです。

私がいつも言う“特権”とは、そういうことです。


保科恭子 わたしを離さないで ドラマ ナレーション:

あの日、私は普通の人間ではないことを知り、与えられた運命に忠実に生きている。

私たちは、その為に生まれてきたのだから。


保科恭子 わたしを離さないで ドラマ ナレーション:

使命を全うさせるのは当たり前の仕事だ…たとえ、それが誰であろうと。

たとえ、それが私の全てだった男だろうと。私の全てを奪った女だろうと同じことだ。


第2話:ドラマ史上最も哀しい運命

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪