文豪・夏目漱石の名語録・名言集

夏目漱石(Natsume Soseki)

明治・大正時代を代表する文豪。数多くの小説、俳句、英詩などを世に残している。代表作品は「吾輩は猫である」、「坊っちゃん」、「こゝろ」など。

夏目漱石の名語録・名言集

自分のしている事が、自分の目的(エンド)になっていない程苦しい事はない。

自分の弱点をさらけ出さずに人から利益を受けられない。自分の弱点をさらけ出さずに人に利益を与えられない。

世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。一遍起った事は何時までも続くのさ。ただ色々な形に変るから、他にも自分にも解らなくなるだけの事さ。

ナポレオンでもアレキサンダーでも、勝って満足したものは一人もいない。

私はこの自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました。彼等何者ぞやと気概が出ました。

のんきと見える人々も、心の底をたたいてみると、どこか悲しい音がする。

女には大きな人道の立場から来る愛情よりも、多少義理をはずれても自分だけに集注される親切を嬉しがる性質が、男よりも強いように思われます。

あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んで行くのが大事です。

人間の目的は生まれた本人が、本人自身のためにつくったものでなければならない。

金は大事だ、大事なものが殖えれば寝る間も心配だろう。

運命は神の考えることだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ。

鏡は自惚れの醸造器である如く、同時に自慢の消毒器である。

愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ。

人間は角があると世の中を転がって行くのが骨が折れて損だよ。

私は冷かな頭で新らしい事を口にするよりも、熱した舌で平凡な説を述べる方が生きていると信じています。

君、弱い事を言ってはいけない。僕も弱い男だが、弱いなりに死ぬまでやるのである。

自己を捨てて神に走るものは神の奴隷である。

真面目に考えよ。誠実に語れ。摯実に行え。汝の現今に播く種はやがて汝の収むべき未来となって現わるべし。

道徳に加勢する者は一時の勝利者には違いないが、永久の敗北者だ。自然に従う者は一時の敗北者だが、永久の勝利者だ。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪