【全文版】ドラマ『マザー・ゲーム』(第1話) の名台詞・名言集

マザー・ゲーム~彼女たちの階級~

バツイチ・シングルマザーの蒲原希子(木村文乃)は、多忙な毎日を送っていた。5歳になる息子・陽斗(横山歩)をすぐに入園させることは出来ないと言われてしまう。

そんな希子の肩を、ポンと叩く人が…。1か月後、奈良岡フミ(室井滋)が園長を務める幼稚園に入園が決まった陽斗の初登園日。そこは、母親たちは皆高級ブランドバッグを持ちヒールで園内を闊歩する、富裕層が集まる名門幼稚園だった!

あまりの場違いな恰好や雰囲気に一抹の不安を感じる希子、ここは名門幼稚園で希子のような庶民が来るところではないとバッサリ切り捨てられてしまう…。

庶民ママ・希子は、幼稚園で感じた理不尽さや違和感を素直にぶつけ、セレブママたちと反発しあうことに。波乱万丈な幼稚園生活が始まった…!
 

第1話に登場した名台詞・名言集

女の社会も、男と同じ、縦社会なのッ!ルールを守らなきゃ生き残れないんだから!
幼なじみ・神谷由紀

最近のママたちって、「誰々のママさ~ん」って呼ばずに、お互い下の名前で呼び合ってるの知ってる?変わりたいと思ってるのよ、彼女たちも。
園長・奈良岡フミ

みんなと仲良くなってきてね!
息子・陽斗

はい!がんばります!
主人公・浦原希子

ここではみんな仮面をかぶって、上辺だけの関係を保つの。ビジネスと同じ。

みんな毬絵さんに合わせているけど、本当に会話の意味を分かってるかなんて、怪しいものよ。
ナンバー3ママ・近藤みどり

頑張ってもみんなあなたを認めない。そして私も。
ナンバー3ママ・近藤みどり

私は難しい話は分からないし、しずく幼稚園には相応しくないのかもしれません。シングルマザーということで、みなさんにもご迷惑をおかけしています。でも、私も…陽斗も、みなさんと仲良くやっていきたいんです!
主人公・浦原希子

シングルマザーなめんなッ!!
主人公・浦原希子

保育園見つけてやめなよ…。あの幼稚園は別世界なの!

外でどれだけ仕事してたって意味がない。子供にすべてを注ぐのが第一で、シングルマザーなんて、結婚に失敗して落ちこぼれだと思ってる。応援する人なんて一人もいない。
幼なじみ・神谷由紀

お金も地位もない人の言うことなんて、誰も言うこと聞かないッ!聞こうともしないッ!
幼なじみ・神谷由紀

希子は理不尽な奴にバシッとやり返す奴だよ。でも、子供人質にとられているから、やり返すことも出来ない。だから親は耐えるしかない!

でも私は、みんなにやり込まれて我慢してるあんたなんて見たくない!
幼なじみ・神谷由紀

私、忙しくて陽斗の顔、全然見てなかった…。ホテルで働いていた頃は、朝起こして、ご飯食べさせて、着替えさせて、保育園に送って、迎えに行って、夜は夜間保育に預けて、陽斗の寝顔しか見てなかった。

私、何のために働いているのかわからなくなっちゃった。陽斗に我慢させてばっかり…。
主人公・浦原希子

一人で陽斗を育てていくって、覚悟決めたのに、誰かに甘えたら、弱音吐いたら、負けだと思ってさ。
主人公・浦原希子

勝とうが、負けようが、人に自分の腹の中見せられないなんて寂しいじゃないか。
祖父・徹治

信之助先生、あなたも何なんですか!?幼稚園の先生の仕事は、子供を守ることでしょ!トラブルを隠して、ママたちのご機嫌をとることでないでしょ!!
主人公・浦原希子

私はお金も、学歴も地位も名誉も、人に誇れるものはない。でも、陽斗のためなら何でも出来るッ!

そりゃお金がなくちゃ何も出来ない。正直毎日、10円1円にあくせくしている。

でも! こんな卑怯で汚いマネをしてセレブづらするくらいなら、私はお金なんていらないッ!
主人公・浦原希子

はっきり言わせていただきますッ!!あなたがしていることは、小学生レベルです!
主人公・浦原希子

天国のお父さん、はやく大人になりたいですッ。お母さんを朝寝坊させてあげたいですッ。
息子・陽斗

 

この名言の続きはコチラ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪