【憂国の志士】三島由紀夫の本質を突いた言葉・名言集

三島由紀夫(みしま ゆきお)

愛する者はいつも寛大で、愛される者はいつも残酷さ。

 

この世には最高の瞬間といふものがある。

この世における精神と自然との和解、精神と自然との交合の瞬間だ。

 

やたらと人に弱味をさらけ出す人間のことを、私は躊躇なく「無礼者」と呼びます。

 

美しい女と二人きりで歩いている男は頼もしげにみえるのだが、

女二人にはさまれて歩いている男は道化じみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪