【経営の神様】松下幸之助の本質を突いた言葉・名言集

松下幸之助(matsushita konosuke)

困難な家庭環境で育ち、病弱であったが、松下電器(パナソニック)を創業し世界的企業へと成長させた偉大な経営リーダー・松下幸之助。

経営の神様として、多くのビジネスマン・ウーマンが尊敬する松下幸之助の言葉・名言を厳選。

松下幸之助 名言 経営

松下幸之助の名言集

失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに、原因があるように思われる。

最後の最後まで、諦めてはいけないのである。

 

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。

けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

 

志を立てるのに、老いも若きもない。

そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

 

世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪