ドラマ「ラヴソング」の名語録・名言集

ドラマ「ラヴソング」

福山雅治さん演じる“元プロミュージシャン”の神代公平が、ある孤独を背負った女性と出会い、音楽を通じて心を通わせ、“もう1度自分を試してみたい、認められたい”と、失いかけた人生を取り戻す物語です。

名言集 目次

第1話 あなたにこの声を届けたい

ラヴソング 名言 ドラマ

中村真美 ドラマ ラヴソング さくらの姉代わり的存在・中村真美:

親に捨てられたのに、母親になんかなれるのかな…

 

神代広平 ラブソング ドラマ 臨床心理士である主人公・神代広平:

吃音というのは、“治す”というよりも“それを受け入れる”ということが重要なんですよ。

 

佐野さくら ドラマ 名言 吃音に苦しむ女性・佐野さくら:

吃音だろうがなかろうが、うちの人生は変わりゃせんッ!!

 

宍戸夏希 ドラマ ラヴソング 言語聴覚士・宍戸夏希:

あの子…お姉ちゃんに似ていたね。

神代広平 ラブソング ドラマ 臨床心理士である主人公・神代広平:

どこが…?

ラヴソング 名言 ドラマ

icon-arrow-right第2話:7秒の勇気

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪