【天才軍師】黒田官兵衛が歴史に残した言葉・名言集

黒田官兵衛(くろだ かんべい)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。

戦国の三英傑に重用され筑前福岡藩祖となる。キリシタン大名でもあった。嫡子は福岡藩初代藩主黒田長政。

黒田官兵衛の名言

天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり。

 

その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。

目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い。

 

常に己れの進路を求めてやまざるは水なり。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪