【富士フイルム】古森重隆の魂に響く名語録・名言集

古森重隆(こもり・しげたか)氏

富士フイルムホールディングス代表取締役会長・CEO

1939年、旧満州国生まれ。63年東京大学経済学部卒業、富士写真フイルムに入社。2003年6月に代表取締役CEOに就任すると、写真フィルムに依存した事業構造の大転換を進めた。

古森重隆の名言

会社にとって今一番大切なのは「成長への種まき」

敗戦直後の惨めな経験を通して、子供の私は実力がなければ世の中はどうにもならないと悟った。

人間は他者との競争を通して自分自身の強みや弱みを知り、人生における己の武器と立ち位置を見いだしていく。

人生を通して最も重要なことは、「基盤となる力=実力」を養うことだ。

ひとつひとつの勝利や成就はそれほど大きなものでなくても、その積み重ねが結果として大きな差になる。

世の中全体が外に答えを求めすぎているように感じる。だが、外部に答えを求めたところで正解はまず得られない。答えは自分の中にしかない。

秘訣やノウハウと呼ばれるものはその人の心の中や頭の中、体の中に宿る。

経営者は学者や評論家ではない。実行したうえで、必ず成功させなければならない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪