【全文版】医師たちの恋愛事情 (第5話) の名台詞・名言集

ドラマ『医師たちの恋愛事情』

今、最もセクシーな俳優・斎藤工さんがフジテレビドラマ初主演!
「医療ドラマ」「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」

〔豪華キャスト陣〕

守田春樹(斎藤工),近藤千鶴(石田ゆり子),河合奈々(相武紗季),高橋宗太郎(平山浩行),大根良太(三宅弘城),市川友子(板谷由夏),仁志祐介(伊原剛志),渡辺幹夫(生瀬勝久),白石久仁子(床嶋佳子)

2015年5月7日放送 第5話

第5話に登場した名台詞・名言集

質問なんですけど…仕事と恋愛は両立できますか?
医学部学生

無理かな。プライベートは犠牲にしなくちゃいけない。医者というのは、特に外科医は、そういう職業。
外科医・近藤千鶴

人の命を救うために、医者になった。
主人公・守田春樹

何よりも仕事を大切にして、生きてきた。
外科医・近藤千鶴

彼女に出会って、僕は知った。
主人公・守田春樹

彼に出会って、私は思い出した。この気持ちを…けれど、感情を抑えなければならないときがある。私はそういう仕事をしている。
外科医・近藤千鶴

目先の利益にとらわれず、正しい手術選択をすることが、ゆくゆくは病院の評価と利益に繋が…
外科医・仁志祐介

仁志先生ッ!私は決定事項を申し上げていますッ!
経営本部長・渡辺幹夫

オペの最中は、100%オペに集中しなければいけない。でも、恋愛なんてしてると、0.1%頭の隅に相手のことがあったりする。
外科医・近藤千鶴

私、外科医になりたくて医学部に入ったんです。見学させてもらって、その気持ちが強くなりました。仕事と恋愛、両立してみせます。ありがとうございました。
医学部学生

体は丈夫なほうなので大丈夫です。それに、好きな人がいると、仕事も頑張れたりしませんか。僕は、近藤先生が頑張っていると思うと、自分も頑張れます。
主人公・守田春樹

 

この名言の続きはコチラ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪