【全文版】医師たちの恋愛事情 (第4話) の名台詞・名言集

ドラマ『医師たちの恋愛事情』

今、最もセクシーな俳優・斎藤工さんがフジテレビドラマ初主演!
「医療ドラマ」「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」

〔豪華キャスト陣〕

守田春樹(斎藤工),近藤千鶴(石田ゆり子),河合奈々(相武紗季),高橋宗太郎(平山浩行),大根良太(三宅弘城),市川友子(板谷由夏),仁志祐介(伊原剛志),渡辺幹夫(生瀬勝久),白石久仁子(床嶋佳子)

2015年4月30日放送 第4話

第4話に登場した名台詞・名言集

見苦しいよな、男の嫉妬って。
主人公をライバル視する外科医・高橋宗太郎

医者は感情に左右されてはいけない。だけど、嫉妬や迷いや、揺れる感情が出てしまうのが…恋。
主人公・守田春樹

その人は医者として正しい事をした。でも俺は彼女を非難した。人として失格だって。
患者であり千鶴の元婚約者・柏木誠司

後悔していますか。…もう一度、その人を迎えに行こうと思いますか。
主人公・守田春樹

えぇ。今なら彼女の気持ちがわかります。
患者であり千鶴の元婚約者・柏木誠司

医者だって人です。大切な人を前に、揺れたり迷ったりしてしまうことだってありますよ。

だからせめて僕の前では、無理しないでください。
主人公・守田春樹

鉄の女も、色恋沙汰にもろかったってこと?
第一外科教授代理・白石久仁子

近藤先生には、この顧客の担当から外れていただきましょう。しばらくお休みを取っていただくのもいいかもしれない。
経営本部長・渡辺幹夫

第1外科に優秀な女性医師は2人はいらない。
第一外科教授代理・白石久仁子

そうゆうことですね。ハハっ。
経営本部長・渡辺幹夫

近藤先生は、とても強い人です。だけど本当は、とても繊細で、びっくりするくらい優しくて、信念は絶対曲げないけど、そのくせ、揺れたり、悩んだり、失敗したり、後悔したりする。

でもそんな近藤先生だから、僕は好きになったんだと思います。
主人公・守田春樹

柏木さんのオペ、僕にやらしてください。近藤先生の大切な人、僕に任してほしんです。その代り、僕の母のオペを出頭してください。大丈夫…僕は信じています。
主人公・守田春樹

信頼ってやつは、不思議と人を強くする。
外科医で准教授・仁志祐介

僕だって嫉妬はするし、揺れるし、迷います。でもだからこそなんです。好きな人の大切な人だからこそ、信じて、託してくれたんです。だから絶対に成功させます。
主人公・守田春樹

 

この名言の続きはコチラ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪