ドラマ『医師たちの恋愛事情』の名語録・名言集

ドラマ『医師たちの恋愛事情』

第8話に登場した名言

主人公・守田春樹:

家族って何だろう。その重みに押し潰されそうになったり、また、そのしがらみに雁字搦めになることもある。

それでも、その繋がりに囚われずにいられないのは、何故なんだろう。

 

麻酔科医・河合奈々:

血の繋がりには勝てないよ…。

でもさ、本当の家族のところに戻れるなら、その方が良いのかなって。

 

外科医・仁志祐介:

うちの科の医師たちは、信念を持って取り組んでいます。

売上至上主義の経営本部長・渡辺幹夫:

医師としては立派でも、だからと言って、この病院に相応しいとは限らない。

 

外科医・仁志祐介:

ちょっとうらやましい。真っ直ぐ患者に向き合えるお前が。

 

外科医・高橋宗太郎:

家族にはいろんな形があるもんだ。

父親がいなくても、子供は育つのかもな。

 

売上至上主義の経営本部長・渡辺幹夫:

人は誰でもミスを犯すものです。

ですが残念なことに、医師にはそれが許されないときもある。


http://jp-word.net/ishitachi8

次ページ>> 第9話:顧客に嘘をつく…経営者失格だ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)