《哲学者》イマヌエル・カントの名語録・名言集

イマヌエル・カント(Immanuel Kant)

『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらした。

カントの名語録・名言集

私自身は生まれつき研究者である。無学の愚民を軽蔑した時代もあった。

しかしルソーが私の謬りを正しくしてくれた。私は人間を尊敬することを学ぶようになった。

もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。

成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すことです。

それがはっきり分からないうちは、何を期待しても駄目でしょう。

人間の構想力は、明るい光のもとよりも、暗がりのうちでしっかりと働くものだ。

我が行いを見習えと、誰にでも言えるような行いを心がけなさい。

崇高なものは我々を感動させ、美しいものは我々を魅了する。森は、夜崇高であり、昼美しい。

哲学は学べない。学べるのは哲学することだけである。

真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑したり拙劣であり、愛嬌もろくにないものである。

内容のない思考は空虚であり、概念のない直観は盲目である。

すべての知識は経験に基づく。

あらゆる事物は価値を持っているが、人間は尊厳を有している。人間は、決して目的のための手段にされてはならない。

人間はすべて、文明が進めば進むほど俳優になっていく。

つまり、人間は他人に対する尊敬と好意、典雅と無私の風を装うが、それにたぶらかされる人はいない。

我々は動物の扱い方によって、その人の心を判断することができる。

高慢な人は常に心の底では卑劣である。

互いに自由を妨げない範囲において、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。

酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を打ち明けさせる。

こうして酒はひとつの道徳的性質、つまり心の率直さを運ぶ物質である。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪