【誕生秘話】星野源 「Nerd Strut」「Down Town」「夜」「Friend Ship」

2016年4月4日放送、「星野源のオールナイトニッポン」にて、アルバム「YELLOW DANCER」に収録されている「Nerd Strut」「Down Town」「夜」「Friend Ship」についてお話しされていたので、書き起こししました。
 
YELLOW DANCER 時よ

「Nerd Strut」に込めた想い

全部、楽器撮りました。でもエレキベース以外です。エレキベースは、細野晴臣さんにやっていただきました。

昔から大変お世話になっていて、でも音源で一緒になるのは初めてで、非常に嬉しかったです。

メロディーとコードだけ決めて、あとはスタジオで編曲していきました、自分で取りながら。なので滅茶苦茶楽しかったですね。

Nerd Strut (Instrumental)

「Down Town」に込めた想い

遊びみたいな感じで作りたいなと思って、ツインドラムにしてみようと思って、カースケさんっていうレジェンドドラマーといつもやってもらってるダイチ君、その二人に。

ダイチ君は、パーカッションみたいなドラムを、細野さんはダンスビートを叩いてもらって、すごい面白いビートになりましたね。

なので歌詞も結構遊んでます

この「Down Town」の裏テーマ、頭文字を取ったら「DT」になりますよね。「童貞」って意味です。

なので、童貞が車に乗って女の子を口説くのを妄想するって歌ですね(笑)

本テーマはランニングなんだけどね、いろんな要素が詰まっています。

Down Town

「夜」に込めた想い

行きつけのバーのオネエのマスターがいるんだけども、醸し出す雰囲気がすごく安心して、「いつでもここにいるよ」って感じがして、そのマスターに捧げる歌っていうのが裏テーマです。

表の本線は「ラブソング」という曲です。


「Friend Ship」に込めた想い

僕も2015年は、別れも出会いもありました。

そんな中で、別れは当然寂しんだけど、良い事も一杯あって

別れとか辛い時がある時って、どうしてもナルシシズムが発生してしまって、そこに浸りたくて、目の前のポジティブなものを見たいようにしてしまう

だけど、目の前には意外と希望があったりして、そういうものをもっと見たいなと思ったし、もっと素直に受け入れたいなと思って、そんな想いを込めつつ、この曲を作りました。

Friend Ship

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪