「島耕作」作者・弘兼憲史の名語録・名言集

弘兼憲史(Hirokane Kenshi )

松下電器産業勤務を経て、1974年『ビッグコミック』掲載の「風薫る」にてデビュー。代表作は『課長島耕作』シリーズほか、『人間交差点』『黄昏流星群』など。

弘兼憲史の名語録・名言集

一生は往復じゃない。片道切符なんだ。だから、やりたいようにやった方がいい。

成功するかどうかは才能の問題じゃない。上昇志向がどれだけ強いかで決まる。

自分の鉱脈を見つけるには、違うメディアから学んだ方がいいと思います。

基本的には誤解を受けてもジタバタしないこと。時が解決してくれるのを待つほうが賢明。

いやな仕事で偉くなるより、好きな仕事で犬のように働きたい。

どんなことに直面しても現実をありのままに受け入れること。それがストレスをためない生き方。

「オレはこうだから」と固い信念を持って生きていても、そのこだわりが間違っていたら一生、間違ってしまう。だから、いいとこ取りが出来る柔軟さが大事。

人生は自分で動かすものだ。これから死ぬまで、誰かに指図される人生で、君は幸せか?

言うべきことがあるなら、キミ自身の言葉で語る。右へ倣えの発言など要らない。自分の言葉で語れないなら、あえて発言する必要はない。

世の中には杭となる人間より打つ人間のほうが圧倒的に多い。そういう大多数を気にかけてもしょうがない。

負けたら次に勝てばいい。また負けたらその次に勝てばいい。どこまでいっても同じことで、最後に勝てばいいのだ。

成功する目算があったわけじゃない。でも、思ったんです。日本では餓死者なんて、ほとんどいないじゃないか。食えなくて死ぬことなんてないはずだ。

自分の人生がレールに乗せられて、ゴールが見えているのは嫌でした。 それよりも線路からヒョイと降りて、どこに行くかわからない人生の方が面白そうだと思った。

島耕作シリーズにはオフタイムの描写はあまりありませんが、島耕作がキャリアを重ね、平社員から社長にまでなれた裏には、走りながら休むという生き方、プラス思考があったからだと思います。

面白いことは、あちこちに転がっている。努力してそれを探すと、人生はもっとおもしろくなる。仕事についても似たようなことが言える。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪