世界の太公望・ヘミングウェイの名語録・名言集

ヘミングウェイ(Hemingway)

アメリカの小説家・詩人。彼の生み出した。独特でシンプルな文体は、冒険的な生活や一般的なイメージとともに、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。

ヘミングウェイの名言集

女には本当に損な時がある。

男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから。

男はしばしば一人になりたいと思う。女も一人になりたいと思う。

そしてその二人が愛し合っているときは、そういう思いを互いに嫉妬するものだ。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。

善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。

一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが、死ぬときはもっとも孤独な死に方をする。

誰かを信頼できるかを試すのに一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ。

宗教は人間の心をしびれさせる阿片である。

音楽もそうである。経済学も、成功も、酒はもちろん、ラジオも、賭博も、野心も優れた人の阿片である。

だが最高の阿片はパンである。そのために人間は見境もなくわめき立て、奪い合う。

人間は、負けるように造られてはいないんだ。殺されることはあっても、負けることはないんだ。

いかに必要であろうと、いかに正当化できようとも、戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。

戦争は、守られていない富によって引き起こされる。

わが人生は、ほんの一行で要約できるだろう。そう、私は生きることを十分に楽しんだと。

人間の価値は、絶望的な敗北に直面して、いかにふるまうかにかかっている。

年寄りになったからって、賢くなるもんじゃありませんよ。用心深くなるだけですな。

氷山の動きの持つ威厳は、それが水面上に8分の1しか出ていないことによるのだ。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪