ジョージ・エリオットの名語録・名言集

ジョージ・エリオット(George Eliot)

ジョージ・エリオットは、イギリスの作家。本名はメアリー・アン・エヴァンズ。ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。

ジョージ・エリオットの名言集

死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない。

機会を利用できない者にとって、「機会」とは、時の波が虚無の海へ流し去る、決して孵化しない卵である。

自分の仕事が最高と思えたら、成功です。

確かさばかり求めてぐずぐずしている人には、大きなことは決してできない。

人にお世辞を言われた時、いい気になって嬉しそうな顔をする者は傲慢な人である。人が他の人に悪口を言うのを聞いて喜ぶ者は心のいやしい人である。

詩とは、感情の解放ではなくて感情からの脱出であり、人格の表現ではなく人格からの脱出である。

性格とは、固くもなければ不変でもない。活動し、変化し、肉体と同じように病気にもなるのだ。

無知は大きな可能性の枠を与える。

ゴシップはパイプやたばこがまき散らす一種の煙で、スモーカーの悪趣味以外の何ものでもない。

何も言うべきことがないときに、それを口で証明するのでなく慎んでいてくれる人というのは、ありがたいものです。

過ちを非難しすぎるよりも、過ちを許しすぎる方がずっといい。

最も幸福な女性は、最も幸福な国と同じように、歴史を持っていない。

信用されないほど寂しいことがあるだろうか。

人生は、目を覚まして母の顔を愛するところから始まった。

悪魔が私たちを誘惑するのではない。私たちが悪魔を誘惑するのだ。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪