日本マクドナルド・藤田田の名語録・名言集

藤田田(Fujita Den)

日本一のファーストフード店「マクドナルド」の創業者で、『フォーブズ』誌にも紹介された伝説の大富豪「藤田田」。彼が残した言葉・名言を厳選しました。

藤田田の名語録・名言集

短時間に大きいことをやろうと焦るよりも、時間をかけて大きいことを成すべきである。

私が事業に成功できたのはなぜか。

秘訣は一言でいえば、人間はいつも裸であるという精神を持って仕事に臨んでいるからである。

健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。

凡眼には見えず。心眼を開け。好機は常に眼前にあり。

私たちのビジネスは、人間の味覚という実に微妙なものを相手にしている。

それは気候や風土、民族の多様性を越え、いつ、どこで、誰がやっても、同じ笑顔で、同質の味を提供できる。

私たちはマクドナルドのハンバーガーという普遍性を備えた「文明」を売っているといってもいい。

儲けるとは何か。簡単なことだ。去年より売り上げを伸ばし、利潤を上げればよいのである。

これを毎年繰り返していけば、企業は必ず成長していく。

今日来たお客様は、明日こないかもしれない。いま、何をすべきか、それがこのビジネスのすべてである。

ビジネスとは儲けることである。儲かるからこそ面白いのだ。どんなにきれいごとを言おうと、儲からなくては商売をする理由がない。

売れないとか、景気が悪いからと言って嘆く人は、はっきり言って商人の資格がないと私は思う。ビジネスの世界は面白い。

世間から後ろ指を指されないようにし、悟ったような顔をしながら、内心では「ああもっと儲けられるのになぁ」と歯ぎしりしているのが、

日本のビジネスマンである。儲けられるだけ儲ける。私のこのビジネス哲学はユダヤの商法から発している。

米国経済圏内にある日本丸の舵取りは、極めて難しいといえます。

しかし、こうした時代だからこそ、明日の情勢を先見する力が必要です。

急激な情勢の変化に応じて、敏速果敢な手段を講ずることが要求されます。従来のような1年ごとのマーケティングプランでは状況に対応できません。

努力×時間の法則、一日24時間。成功はいかなる人にも平等に与えられた、この24時間にどれだけ努力するかにかかっている。

人生に満塁ホームランはない。ゴロやバントを狙え。人間の頭の中身など、もともと大差などない。最後はいつも本人の「努力×時間」。

30歳までに金を貯めて、海外へ出て40歳で起業しろ。財産ができたらそれを3分の1ずつ使って三回商売にチャレンジしてみろ。

経営には一貫した哲学がいるんです。

自分がこうだと思ったら、世の中がどう動こうと誰がなんと言おうと、それを堅持していかなければならない。

みんなが”だめだ”と言うから成功すると思った。

ビジネスは「勝てば官軍」である。企業は勝たなければならない。

勝つことによって、社会にいろいろな主張が言えるようになる。

実績を上げられない経営者が何を言っても、負け犬の遠吠えとしか世間は見てくれないであろう。敗者は滅びるのみである。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪