ドラマ『先に生まれただけの僕』の名セリフ・名言集

ドラマ「先に生まれただけの僕」

商社マンの主人公が私立高校の校長に就任して学校を立て直す社会派ドラマ!

名言集 目次

第1話:サラリーマン校長

 

第1話:サラリーマン校長

主人公・鳴海涼介:

コミュニケーション能力だよ、営業は。

とにかく相手の懐に飛び込む。


主人公・鳴海涼介:

僕は高校生の頃、こう思っていました。

「校長の話は長すぎる」

だからこれでおしまい!これからよろしくねッ!


樫松物産の専務・加賀谷圭介:

俺はなぁ、みんなにいい顔してのし上がろうとする奴を見ると..虫唾が走るんだよ。

大嫌いなんだよ..笑


主人公・鳴海涼介:

教師にとって生徒は..クライアントであり商品です!

生徒の親御さんは株主です。


主人公・鳴海涼介:

我々は、クライアントと商品と、株主に、責任を持たなければならない。

それは一般企業となんら変わりはありません!


主人公・鳴海涼介:

「奨学金はあとで負担だぞ、よ~く考えろ」(当時の教師は)そんな言い方は絶対していなかった..


主人公・鳴海涼介:

僕は君に大学に行って欲しい。

だから君は大学に入っても一生懸命勉強しなくちゃいけない。

必要な単位は全部取って、遊びもなるべく就活に活きるような経験をして、4年で卒業して、しっかりとした職業に就かなければならない。


主人公・鳴海涼介:

それでもその先世の中どうなるかわからないよ。

一流企業が潰れるかもしれないし、少子高齢化はドンドン進んでいくし、世界情勢は激変していくだろうし、沢山の仕事はロボットに取って代わっていくかもしれない..

そんな将来が待っているかもしれない。


主人公・鳴海涼介:

だから、生きていくのに必要になるスキル..「君の代わりがいない」と言われるような..

人に必要とされる力を身に付けていかなければいけないんだ!


 
 

現在、書き起こし中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪