池井戸潤ドラマ『陸王』の名セリフ・名言集

池井戸潤ドラマ「陸王」

池井戸潤原作の人気小説を、主演に役所広司を迎えて早くもドラマ化!

老舗の足袋製造業者がランニングシューズの開発に挑戦する奮闘ドラマ!!

名言集 目次

第1話:倒産寸前の足袋屋

 

第1話:倒産寸前の足袋屋

主人公・宮沢紘一:

自分の仕事に責任を持てない奴は、なにをやっても駄目だ。


主人公の長男・宮沢大地:

俺たちはどこに向かって走ってるんだろうな…


主人公・宮沢紘一:

100年前に足袋を作り始めた時も、絶対に上手くいく保証なんてなかったよね..?

でもその挑戦があったから今があるわけだ。


主人公・宮沢紘一:

将来のことを考えたら..

古いものを守るために、古いことばっかやってちゃダメなんじゃないかと思うんだよ。


埼玉中央銀行の融資担当・坂本太郎:

新しいことを始めるのに「実績」が伴わないのは当然じゃないでしょうか。


主人公・宮沢紘一:

俺たちが普段使っている何気ないもんは、作った人間のもの凄い努力で完成されたもんなんだなぁ。


縫製課リーダー・正岡あけみ:

私たちさ、いつも社長の思いをカタチにしているだけだから。


主人公・宮沢紘一:

先代も先々代も、足袋づくりの伝統を守りながら、そこにあぐらをかくことなく、

片方で常に新しいことに挑戦しようとしていたんだと思う。


主人公・宮沢紘一:

結果として上手くいかなかったとしても、その魂はこうして受け継がれていく。


主人公・宮沢紘一:

自分のことだけ考えているのは、あなただ。

そんな銀行員に、うちの未来をどうこう言えるんですか?


 

現在、書き起こし中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪