ドラマ『ラジエーションハウス』の名セリフ・名言集

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~

X線撮影などで病変を写す診療放射線技師と画像診断をする放射線科医の活躍を描く。

 

目次

第1話:視えない病を見つけ出せ!

第2話:天才技師が救う命!

第1話の名言集

放射線技師長・小野寺俊夫:

お医者様の言うことは、絶対。これ技師の鉄則。


ナレーション:

写真には2つの力が秘められていると。

1つはかけがえのない思い出を永遠のものにする力。


放射線科医・甘春杏:

放射線科医はその病院全ての患者のCTやMRI画像を読影し診断を下す、重要な役割を担っています。

その診断によって病院の質が決まるといっても過言ではありません。


放射線科医・甘春杏:

アメリカでは放射線科医の地位も名誉も確立されています。

でも日本ではいまだに医者といえば臨床医。

診察室で直接患者と接する外科医や内科医ばかりが注目を浴びて、画像診断も彼らが行っていると思っている方が多いんではないでしょうか?


放射線技師・黒羽たまき:

ああいう平凡な顔した女に限ってするのよね、不倫。


主人公・五十嵐唯織:

僕、助けたいんです。


主人公・五十嵐唯織:

湿布と同じだったんです。湿布を貼るとき裏面のシートはめくって、すぐに捨てるじゃないですか?

MRIにもあるんです。普段は診断用に使われる強度画像の裏に隠れてゴミとして捨てられるだけの画像が。


写真家の患者:

同じ写真家といっても君の方はいうなれば、目には見えない体の中を写し出す「病の写真家」といったところだろうか。


ナレーション:

ここに写真を武器に命を救おうとする者たちがいる。

彼らは知っている。写真に秘められたもう1つの力の意味を。

それは..真実を写し出す力だと。


 

次ページ>> 第2話:天才技師が救う命!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)