ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の名セリフ・名言集

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」

第2話:正当防衛か殺人か?

99.9 ドラマ 名言


深山大翔 99.9 ドラマ 主人公・深山大翔:

正当防衛だとしても、暴行を加えるまでの経緯、暴行の対応、相手方の対応が非常に重要になります。

ただ、本人の主張や目撃者の証言には食い違いが見られることが多いんです。


深山大翔 99.9 ドラマ 主人公・深山大翔:

事実を知るために何が必要?!


佐田篤弘 99.9 ドラマ 刑事専門ルーム室長・佐田篤弘:

これ以上調べても、依頼者の利益にはならないぞ!

深山大翔 99.9 ドラマ 主人公・深山大翔:

でも、事実は明らかにしておくべきです。


佐田篤弘 99.9 ドラマ 刑事専門ルーム室長・佐田篤弘:

弁護士っていうのはな、依頼者の代理人なんだ。

深山大翔 99.9 ドラマ 主人公・深山大翔:

僕には、僕のやり方しか出来ません。


斑目春彦 斑目法律事務所の所長・斑目春彦:

君の言うとおり、朝霧に契約を切られたら、経営は確かに落ち込むね。でもね、うしろにパスを出しても、ボールは誰かが前に進めていくんだ。


斑目春彦 斑目法律事務所の所長・斑目春彦:

弁護士を脅かすなんて、もってのほかだ。倒れるときは、一緒に倒れるぞ。弁護士とクライアントの関係は、諸刃の剣ですな。


99.9 ドラマ 名言

icon-arrow-right第3話:消えた1000万円!

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪