バーナード・ショーの名語録・名言集

バーナード・ショー(Bernard Shaw)

文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。 ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカなど英語圏の国々で多様な功績を残した才人として知られている。

バーナード・ショーの名言集

間違った知識には注意せよ。それは無知よりも危険である。

私のやり方は、言うべき正しいことを最大限の骨を折って探し出し、その後、最大限の軽率さで言ってのけることである。

沈黙は軽蔑の最も優れた表現である。

何かがおかしい時は、真実が隠れてないか気をつけろ。

人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。

貧乏に対する恐怖に人生を支配させてしまえば、その報酬として食べていくことができるだろう。しかし生きることはできなくなる。

いつも自分をきれいに明るく磨いておくように。あなたは自分という窓を通して世界を見るのだから。

愛国心とは、自分が生まれたという理由で、その国が他よりも優れているという思い込みのことである。

間違いを犯してばかりの人生は、何もしなかった人生よりも、あっぱれであるだけでなく、役に立つ。

人生には二つの悲劇がある。一つは願いが達せられないこと。もう一つはそれが達せられること。

一年に2、3回以上ものを考える人はほとんどいない。私が世界的な名声を確立したのは、一週間に1、2回ものを考えたからだ。

できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいることは男のビジネスである。

自由とは責任を意味する。だから、たいていの人間は自由を恐れる。

私は若かりしころ、10のことを試しても9つがうまくいかないことがわかった。そこで10倍努力した。

愚か者は、自分が恥ずべきことをするとき、それは自分の義務だと言い張るものだ。

 

icon-arrow-right次のページへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪