ドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』の名セリフ・名言集

第3話 永遠の別れ

世界の中心で愛を叫ぶ 名言 ドラマ


― 写真の裏に書かれていた漢詩

夏之日(夏の長き日)
冬之夜(冬の長き夜)
百歳之後歸千其居(百歳の後、私もいずれは君の元で眠ろう。やすらかに、その日を待ちたまえ。)


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

ペダルって軽いんだな…

一人って…いなくなるって、そういうことだよ。


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

世界で..一番美しいものを見た。

世界で..一番優しい音を聴いた。


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

世界っていうのは、抱きしめてくれる人のことだよ…その腕の中は温かくて。

お爺ちゃん、だから好きな人を亡くすのはだから辛いんだよ。

でも..どうして、こんなに辛いんだろうね。


世界の中心で愛を叫ぶ 名言 ドラマ

icon-arrow-right第4話:最後の日

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪